HOME > 300時間ヨガインストラクター養成講座 > 300時間ヨガインストラクター養成講座

全米ヨガアライアンス認定300時間ヨガインストラクター養成講座


学び方は十人十色!!お好みで必要なスキルを選んで受講できます!!
全米ヨガアライアンス認定200時間養成講座の修了後、更にスキルを高める為の300時間の上級講座。200時間+300時間で全米ヨガアライアンス認定RYT500インストラクターへアップグレードした登録ができます。まだまだ国内では希少なRYT最高峰の資格講座です。
現在、ヨガの認知度も上がり、多くのインストラクターが輩出されています。その中でより求められるインストラクターとは、あらゆる状況の方に対応できるスキルは勿論の事、人として指導者としての質も重要になります。

aratiではそうした指導スキル+人としての本質も大切にお伝えしています。

全米ヨガアライアンス認定300時時間ヨガインストラクター養成講座では、基礎で学んだ内容からさらに深めたいものが選べる、今の自分の仕事や生活スタイルに沿った選択制を導入しています。

身体をより深めたい方は整体講座や機能解剖学を、より指導スキルに磨きをかけたい方はティーチングupやアドバンスアサナ、より健康的な身体のケアや食事法など日常に活かしたい方はアーユルヴェーダ、物事や人の本質的な事を深め自己を高めたい方はヨガ哲学など、興味や必要度に応じて今ある知識に深みと応用力をもたせていきます。

あなたが求めるプロとしての姿を応援できるプログラムが揃っています。

そして身近な日常に活かしながら、つい話題になり「誰かに伝えたくなる」ような「日常の中で実践的で活用できる講座」を提供します。難しい言葉を伝えるのがプロではなく、初心者の方にも分かり易くその方が活用しやすい伝え方をお伝えすること、それがプロです。

その為に、aratiの300時間ヨガインストラクター養成講座には長年学び経験を積んだ専門講師が担当し、講座内ではその方が聞きたい事、身に付けたい事などをより専門的かつ実践的に習得していきます。

aratiがこだわる少人数制で「実践的で分かり易く質の高いクラス」を提供し、学んだあなたが確実に「活かせるスキル」を身に付けていきます。

 Lisaプロフィール
Lisaのブログ


aratiのRYT300はここが違う!!!



全米ヨガアライアンス認定300時間
ヨガインストラクター養成講座の講座内容


ご自分のスタイルや深めたい目的に合わせて受講できる選択制を導入し現場で活かせる実践的なスキルを効率よく習得!!途中で希望コースがあっても大丈夫★(2回まで変更可)

※全ての講座が1回完結ですので、前回の内容が分からなくても学習内容に支障はありませんので、ご自分のご都合に合わせて通えます。




RYT300認可に必要な受講300時間分の各講座の履修と課題提出を満たして頂きましたら卒業となります。

当校の修了証書を発行致しますので、その証書のスキャンと全米ヨガアライアンスのサイトでも申請を行い登録料を支払う事で、全米ヨガアライアンス認定インストラクターとなります。
※当校では、無料で登録代行を行っています(登録料金は卒業生負担となります)。必要な方は当校にお申し出下さい。(初回のみ。更新の際は有料で承ります。)

300時間認定講座一覧

以下の講座が全てRYT300の認定講座です。学びたいお好きな講座を合計300時間分選択受講し、当校へ申請する事でRYT300の修了証を発行します。
※各講座には別途、課題時間があります。課題時間も300時間にカウントします。課題を含めて全て修了後に修了書を発行します。


産後ヨガ・ベビーヨガ&マッサージ・親子ヨガ・6歳頃までのキッズヨガなど成長著しい子どもの成長発達に適した指導法や産後のママ&赤ちゃんのケアまで学べる盛り沢山のベーシックコース☆

詳細はこちらLinkIcon


6歳~18歳までの心身の成長著しい時期に必要な指導法、心身の発達に課題を抱えた子どもたちのアプローチ法など子どもたちに合わせたヨガを学べるアドバンスコース☆

詳細はこちら


10年以上お産現場に携わり続ける看護師&助産師が直接指導。安心した出産に向けて万全の対応をヨガと専門知識から学ぶ貴重なチャンス!!出産未経験のインストラクターも安心して指導スキルが身に付く!!

詳細はこちらLinkIcon


ニーズが高まり続けているシニアヨガ。健康寿命を延ばしシニア世代の生活の質を高めていきましょう。シニアの為の解剖学や心理、神経学からシニアの心身の変化を学び、1レッスンで違いを感じるクラスを提供します。オフィスで行うチェアヨガとしても活用可!!

詳細はこちら


aratiのRYT200内で履修する「触れ方から学び身体を知る」整体基礎講座。arati以外のRYT200取得者はこちらの整体基礎講座から受講する事ができます!身体の見方が確実に変わる身体をもっともっと知りたい人の為の講座☆

詳細はこちら


Basicに比べ、手技も高度になると共に、より身体の内面に踏み込み、心や思考の原理や神経学なども深めていきます。身体の様々な側面から見るスキルを習得。感情や食事、外的環境や過去の出来事が「今の自分」にどのように影響しているのか紐解いていきます。

詳細はこちら


基礎解剖学は学んだけど、もっと身体に落とし込みたい!生徒さんがどこまで大丈夫なのかの見極めは?など運動生理学を復習し、自身の歪みや動きのクセを再確認し、より適切に使えているかを自分の身体と向き合って身体を感じて腑に落とすシリーズ解剖学★

詳細はこちら


アジャストの精度を上げよう!触れて、見て、感じて、言葉で伝えて。ありとあらゆるアジャスト方法を運動生理学から復習し、安全で効果的なレッスンが提供できるようにアジャストに必要な感覚とスキルをしっかりと研ぎ澄ませていきます!

詳細はこちら


レッスンの幅を広げたい!同じ内容で飽きないかな?!イントラを始めると起きる様々な悩み。クラス構成のバリエーションを増やしたり目的に合わせて構成できるように練習します。ありそうでなかった実践前の確認の場。自信をもって指導できるようサポート☆

詳細はこちら


RYT200で学んだ以外のアサナを1回2アサナずつ習得します。クラス内容に厚みを持たせたい方、よりレベルアップしたクラス指導を行いたい方や自身の練習の為にアドバンテージの高いアサナに挑戦したい方向けの内容になります。

詳細はこちら


レベルⅠよりもさらに難易度を上げたアサナを習得していきます。身体の使い方やアジャストの仕方もしっかり身に付け、ケガさせない練習のさせ方、安全な指導の仕方など難易度が高いからこそ求められる高い指導スキルをじっくり丁寧に学んでいきます。

詳細はこちら


一般開催のレッスンに参加して頂くクラスです。自身の練習や講座内で学んだアサナを身体に落とし込み、講師のリードの仕方やインストラクションの仕方、生徒との接し方など講師としての振る舞いも見直しましょう。 一般のレッスンページからお申込み下さい。

詳細はこちら


「日常生活に活かすヨガ哲学」として、毎月1回継続開催していきます。私とは何か?心をどのように整えるのか?は今や精神論ではなく、マインドフルネスや瞑想として大企業でも社内プログラムとして開催されています。

詳細はこちら


日常の習慣に無理なく取り入れる日本人の為のアーユルヴェーダ。
あなたのライフスタイルをより豊かなものになるよう、アーユルヴェーダの智慧を活かして、ココロもカラダも内側から輝く魅力的な人間に☆

詳細はこちら


季節の食べ方を簡単に美味しく分かり易く学ぶ年4回のクッキングクラス。難しそうなスパイスも、忙しい方でも出来るようどこでも手に入るものだけ使って、手軽に季節に応じた使い方をマスターして体調管理に役立てます。

詳細はこちら

RYT300(RYT500)無料説明会のお知らせ

~2019~
◆1月17日(木)11:00~スタジオ
◆1月19日(土)11:00~@スタジオ
◆2月2日(土)11:00~スタジオ
◆2月5日(火)11:00~@スタジオ
※説明会の所要時間は1H程です
※講座の見学ご希望される方は 説明会後の12:00~30分程実際の講座の様子をご覧頂けます



 ・RYT300の認定の仕組み
 ・各種養成講座の概要と説明
 ・質疑応答など

※資料請求又は、説明会にご参加された方は特別に割引価格にてお申込みを承ります。


RYT300/500の選択講座の料金一覧
講座名  講座内容 受講料(税抜)   
講座時間
(1講座h×回数)
課題時間 合計時間 正規料金 まとめ割 単発料金
(@1回)
 親子&キッズヨガ
(RCYT95)Bisic
50
(3.5h×14)
15 65 110,000 100,000 ×
 親子&キッズヨガ
(RCYT95)Advance
45
(3.5h×12)
15 60 120,000 100,000 ×
マタニティヨガ
(RPYT85)
85
(3.5h×24)
25 110 210,000 200,000 ×
シニアヨガ 15
(7h×2DAY)
10 25 55,000 50,000 ×
整体Basic 40
(3.5h×11)
20 60 110,000 100,000 ×
整体Advance 40
(3.5h×11)
25 65 150,000 140,000  × 
解剖学ブリッジ
プログラム
11
(3.5h×3)
14 25 36,000 33,000 ×
ヨガの為の
機能解剖学
10
(3h×3)
15 25 36,000 33,000 ×
アジャストメント&
応用解剖生理学
15
(7h×2DAYS)
20 35 55,000 50,000  × 
アドバンスアサナ① 15
(3h×5)
20 35 55,000 50,000 12,000
アドバンスアサナ② 15
(3h×5)
20 35 55,000 50,000 12,000
ティーチングスキルUP 15
(3h×5)
20 35 55,000 50,000 12,000
アーユルヴェーダ
カウンセリング
15
(3h×5)
20 35 55,000 50,000 12,000
アーユルヴェーダ
ミールスクラス

(2h×4)
12 20 32,000  ー※1 8,000
ヨガ哲学 36
(3h×12)
24 60 108,000 98,000  9,000
一般レッスン参加 1.25 - - 3,000   3,000

※1:アーユルヴェーダミールスのみ他スタジオと提携の為、まとめ割は適用になれません。
※:解剖学ブリッジプログラムは他校のRYT200取得者のみ受講頂けます。当校のRYT200で履修する解剖学のレベルに合わせる為の講座です。
※:RYT300の講座選択の際は、講座時間と課題を足したピンク枠の「合計時間」で計算下さい。
※:一般レッスン参加は通常のヨガチケットの回数券or月会員の料金が適用されます。
※:全て税抜き金額になります。
※:その他、単発開催されるWSもカウントできる講座があります。その都度お知らせ致します。

  


※他校からRYT300をお申込みの方の為の「ブリッジプログラム」



【RYT300の取得基準】
上記の選択講座一覧からご希望の講座を合計時間が300時間を満たすように選択してください。
RYT300としてまとめて一度に講座をお申込みする場合「まとめ割」料金を適用して計算してください。


【RYT500の取得方法】
RYT200+RYT300をそれぞれ修了後申請するとRYT500のライセンスとなります


RYT200を取得しアライアンス認定がされている事(全米ヨガアライアンスの200時間に登録し、会員継続をしている状態である必要があります。尚、卒業した200時間認定校はどこでも構いません。)
☆当校でRYT300を取得し、RYT200と合わせてRYT500として申請できます。
☆RYT500申請の際には100時間分のヨガインストラクター実践経験の報告を全米ヨガアライアンスに記載していく必要があります。(実務経験はRYT200を取得後、ご自身のアライアンスHP欄に記載されたものがあればそれもカウント出来ます)


当校で500時間をお申し込み:まずRYT200講座を修了しアライアンス登録を済ませます。次にRYT300の選択講座を受講し修了後、300時間の申請を行います。(全米ヨガアライアンス500申請の際には100時間分のヨガインストラクター実践経験の報告記載が必要です。実務経験記載はRYT200取得後から行えます。)

どれを選んで良いかが分からない方は...

★1番人気!!
親子&キッズB&A(125h)+マタニティ(115h)+シニア(25h)+機能解剖学(25h)

★身体をより深く知り指導力を上げたい!!
整体B&A(125h)+機能解剖学(25h)+アジャストメント&応用生理解剖学(35h)+アドバンスアサナ①②(70h)+ティーチングUP(35h)

★インドの叡智をもっと知り指導力もあげたい!!
アーユルヴェーダカウンセリング&ミールス(55h)+ヨガ哲学(60h)+機能解剖学(35h)+アジャストメント&応用解剖生理学(35h)+アドバンスアサナ①②(70h)+ティーチングUP(35h)

※それぞれ10h程度の不足時間は一般レッスン受講で実践
上記例のように、希望に応じた講座の組合せで300時間を履修できます。


【お得な割引制度】
「まとめ割」
RYT300認定の選択講座より200時間分をまとめてお申込みされる場合に適用となります。(それ以外は単体の受講で正規料金となります。)単体でのお申込みよりお得な料金になっています。
(選択された講座は各選択講座の受講前に限り2回まで変更できます。)
資料請求or説明会に参加された方はまとめ割から更に5,000円引

まとめ割にてお申込みの方は、お申込みから1週間以内に予約金として30,000円をお振込み下さい。予約金をお振込みされた時点で、お申込み受付とさせて頂きます。
※分割可能。ご希望の方はお問合せ下さい。


料金の中に含まれているもの


・各種テキスト
・修了証
※ヨガマットやブロックなどの備品はスタジオで無料でお貸出ししております。







よくある質問    

Q:RYT200は持っていますが、500を登録するメリットはあるのでしょうか?
はい、現在多くのRYT200のスクールがありますが、RYT500のスクールはまだ多いとは言えないのが現状です。RYT500のライセンスはヨガアライアンスで発行されいてる資格の最上位資格となる、いわばヨガのエキスパートの証明、または、しっかり学び続けている事を証明するものとなります。ヨガの人気に伴い多くインストラクターがおりますが、インストラクターの技量は様々です。今後は、より指導力のある安全で確かなレッスンを提供できるインストラクターがますます必要となってきます。その時に、ご自身の証明として、なによりも役に立つものとなるでしょう。実際に当校の生徒は、身体の知識をより深め、安全で質の高いレッスンを行いたいという理由で多くの方が学ばれスキルの向上に役立てています。レッスンの考え方が変わった!!アプローチの仕方に煮詰まっていたのが解決できた!生徒さんから良い反応が来るようになった。など、今の自分を更に活かしてスキルアップされ新しい仕事を得たり、独立されたりキャリアアップに繋げています。

Q:沢山ヨガの資格がありますが全米ヨガアライアンスに登録するメリットは何ですか?
はい、確かにヨガの認知度が増えるに従い多くのスクールがありますが、全米ヨガアライアンスは世界でただ一つの国際認定ヨガインストラクター 資格です。アライアンスが規定している教科目内容をクリアしたところのみが認定校として承認されていますので、授業内容は国際基準に基づいて明確にしっかりと確立されています。近年は特に、インストラクターとしてお仕事をする際にこの国際基準である「全米ヨガアライアンス200時間修了」を基本募集条件として設けるスタジオがほとんどです。今後お仕事をする可能性があるのでしたら全米ヨガアライアンス認定校での資格取得をお勧めしています。登録に関しては当校で代行致しますのでご安心ください。

Q:就業サポートなど、お仕事の斡旋や紹介はありますか?
はい、当校は3社様程と業務提携をさせて頂いており、ホットヨガスタジオ、フィットネスクラブ、企業への派遣など様々な方面へのご紹介が可能です。求人時期は各スタジオ様や企業様によって違いますが、求人があり次第、卒業生や在校生の方へご連絡をしております。これから仕事を増やしていきたい方はチャレンジしやすい機会を平等に提供しております。


Q:RYT200を他校で取得しています。それでもこちらのRYT300を受講できますか?授業内容がついていけないのでは。と不安があります。
はい、受講できます。すでに学んでいても解剖学などの苦手意識の在る方は難しく捉えがちですが、体の使い方が合っているのかな?自分でももっと理解した動きでヨガをしたいな。など今のスキルを深めたい為に学ぶことが可能ですので、今ある疑問点などをしっかり解消するにも適した講座です。ですので、そうした方にしっかり正しく体を使って安全にヨガができるように基礎の復習から機能解剖学(動きの解剖学)を重点的に学ぶ講座や、指導力を上げるための身体の見方など多くの講座を用意しています。一人一人の学びたい気持ちに満足していただけると思います。

Q: RYT300養成講座にはどのような方が来られていますか?やはり、インストラクターとして活動されている方が大半でしょうか。
生徒さんの年代としては20代~50代と幅広い年代の方がお越しになっています。
もちろんヨガインストラクターとしてさらにスキルを高めたい方もいますが、多種インストラクター、専門職(医師・理学療法士など医療従事者)など、多くのジャンルの方がヨガを通して様々な角度から自身の学びを深めたいという目的で学ばれている方も多くいます。指導経験は問いませんので、ご興味があれば是非、資料請求や説明会にお越しになってみてください。

Q: 全米ヨガアライアンスの授業はどこも同じテキストですか?
この10年ほどで多くの全米ヨガアライアンス認定校が増えましたが、テキスト内容自体は各学校オリジナルの物です。また、RYT500が取得できるスクール、また全米ヨガアライアンスが発行している全資格が取得できるスクールはまだまだ少ないのが実情です。
カリキュラム内容は学校の特色とも言えますので、aratiでは、どのようなインストラクターとしての活動の幅を広げたいか?また、自身の学びとして深めたいものなど自由に選択し、その人らしいスタイルでのヨガの深め方や指導力の高め方があると思っています。もちろん、aratiのヨガインストラクター養成講座では、まずは「安全にヨガを指導する際に必要な知識」として身体の理解は必要不可欠だと考えています。ケガをさせないは当たり前、身体の悩みを改善しニーズを満たせるだけの心身の理解を「機能解剖学」「心理学」「哲学」「食事」「整体テクニック」など様々な観点から理解し、身体のプロとしてのヨガインストラクターを育成し続けています。