HOME > ガイド > 養成講座受講規約

『arati』養成講座受講規約

私は以下記載のサービス内容、規則、著作権に関する事項を理解し、同意いたします。

サービス内容

□事業店舗の名称/arati ヨガ&健康コンサルティング
□事業会社の名称/株式会社rebirth associate
□住所/ 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-20-4 中村ビル2F
□代表者/代表取締役 大貫 里紗
□提供される役務の内容/対人援助職向けビジネス講座
□役務提供の形態または方法/DVD教材及びグループレッスン、講義
□役務提供単位数/yoga学科25単位/整体学科19単位
□受講に際して購入する必要のある商品/DVD教材及びテキスト、無料クラスチケット
□実施時期/申し込み後、講座開催日に来られた初日から
□支払い時期/ 受講料は同意契約書に記載されている事項に同意後、お申込みしてから1週間以内に予約金5万円を納入。その後、金融機関からの振込み、引落し
□支払方法/銀行振込、手渡し、信販分割ローン

【第1章】規約

第1条受講料は、aratiとの取り決め通りです。お支払遅延の場合は、スクーリングへの参加をお断りいたします。
第2条aratiは、当受講中、どの受講生に対しても下記の理由によってスクーリングへの参加をお断りする権利を有します。 -スクーリングの妨害。プログラムの理想と目的に反し、インストラクター及びスタッフとの調和を著しく欠いた場合。個人の利益のため、または何らかの概念や哲学、ビジネスの勧誘のために当スクーリングの場を利用したり組織をつくったりした場合。ドラッグやアルコールの使用。暴力団等反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団関連企業・団体またはこれらの密接交際者、及び過去に民事・行政問題等に関し違法な行為・不当な要求行為を行った履歴のある者など)であると判明したとき 。
第3条aratiの修了証は規定の課題提出後の合計単位数が足りない、課題未提出の場合は発行できかねます。補講制度をご利用下さい。(原則5年以内)
第4条このプログラムで示されるノウハウに関しては、認定後自らのインストラクター業・独立開業・経営などあらゆるビジネス活動・社会活動の目的においてのみ活用することができますが、このノウハウを有償無償に関わらず第三者に提供することはできません。
第5条当プログラムの内容はすべてDVD教材及びスクーリングの場において示されます。これらの原理を理解し、応用していくのは受講生個人の責任です。当プログラムの目標は、受講生の方々が、自らの潜在能力を発揮してビジネス活動・社会活動をする事をできる限り助けるものです。またaratiの責任者、インストラクター、スタッフ、そして当プログラムは、受講生各自の自分の行為、精神衛生、個人の内なる現実を作る責任に関して、いかなる責任も有しません。

【第2章】 著作権、及び使用許諾契約について

第6条受講生は、上記arati受講規約に同意すると共に、下記の著作権、及びその使用許諾契約に関しても同意いたします。
第7条上記arati受講規約に同意し、入校手続きをとった受講生はスクーリング修了時に、自動的にaratiの受講生となります。aratiの受講生は、テキスト等arati発行の著作物の情報を使用できるものとします。
第8条arati発行の著作物は、全て著作権法で保護されている著作物です。以下の点にご注意ください。
第9条arati発行の著作物の著作権は、aratiにあります。
第10条aratiの書面による事前許可を得ずして、arati発行の著作物の一部または全部を、あらゆるデータ蓄積手段(印刷物、DVD、テープレコーダー、及び電子メディア等)により複製及び転載することを禁じます。
1. 目的 :aratiが著作権を有する aratiに含まれる情報を、本契約に基づきarati受講生が非独占的に使用する権利を承諾するものです。   
2. 一般公開の禁止 :arati発行の著作物に含まれる情報は、著作権法によって保護され、また秘匿性の高い内容である事を踏まえ、aratiはその情報を、aratiの書面による事前許可を得ずして出版・講演活動及び電子メディアによる配信等により、一般公開してはならないものとします。arati受講生は自らのビジネス活動においてのみ、arati発行の著作物に含まれる情報を使用できるものとします。
3. 契約の解除 :arati受講生がこの契約に違反した場合、aratiはこの使用許諾契約を解除することができます。
4. 損害賠償 :arati受講生が本契約の第2条の規定に違反した場合、arati受講生は本契約の解除に関わらず、直ちにaratiに対して、違約金として、違反件数と受講金額を乗じたものの金額を支払うものとします。
5. 結果責任について :arati発行の著作物は使用者が行う事業における収益増加を目的としておりますが、期待通りの収益増加が見られず、万が一いかなる損害が生じた場合においても、aratiはその結果に責任を負うものではありません。
6. その他の事項 :本契約に定めのない事項及び解釈に疑義を生じた事項については、協議の上、誠意を以ってこれを解決するものとする。
私は記載のサービス内容、規則、著作権に関する事項を理解し、同意いたします。

【第3章】 受講料の支払いと退講について

第11条支払い方法について:支払い方法は銀行振込、手渡し、信販ローンクレジットの3方法となります。
お申込から1週間以内にお申込金として受講料の内5万円を頂戴します。
第12条退講と返金について :教材の開封(初受講日)後、生徒自身の都合による退講は原則返金しないものとする。但し、やむをえない場合においてのみ、受講規則に基づいて支払われた受講料金はテキスト代金(受講料の50%)を差し引いた代金から、無料チケット消化分や受講回数に応じた差額を返金するものとします。
第13条クーリングオフについて
1.申し込み受領した日を含む8日間は書面により無条件に販売契約または、役務提供契約の申込撤回(当該契約が成立した場合は、当該契約の解除)を行うこと(以下「クーリングオフ」という)ができる。但し、事業者からクーリングオフの妨害が行われた場合は、事業者が消費者の誤認または困惑を解消するまでクーリングオフ期間が延長されます。
2.クレジット契約のクーリングオフをしたときは、クレジット契約と同時に売買契約等のクーリングオフもしたものとみなされます。
3.クーリングオフは、下記の書面を販売事業者に発信した時に効力を生じます。

第14条(割賦販売法に基づく抗弁権の接続に関する事項)
ローン提携販売又は割賦購入斡旋により役務提供を行う場合には、割賦販売法に基づき役 務提供事業者に生じている事由をもってその支払請求に対抗できます。